Saturday, December 17, 2011

前野直史





ぽってりとしたやさしい質感でデルフトを思わせる錫白釉切立鉢と
さまざまな表情をみせるシャープな質感の須恵器です。

前野さんは京都府南丹市で蹴ろくろを使用し、薪で焼くという
現在では数少なくなったスタイルで作陶さています。
生産性や歩留まりが悪くとても大変な作業だと思いますが、
ご本人がそういったことを売りにされているようには全く感じませんでした。


2 comments:

  1. pibicoオープンおめでとうございます。

    お店行くの楽しみです。
    この器もよい感じですね~

    ReplyDelete
  2. ありがとうございます。
    ちょっと遠いですがまたぜひ見に来てください。

    ReplyDelete