Tuesday, November 29, 2016

Like sisters


展の期間中に間違えられたりとかもありましたが、
撤収日はかっこまで。



Photo taken by MatoonことSendasan's husband.



ありがとうございました!




Thursday, November 24, 2016

26日のシュトレンとコーヒー


果ての月の器とシュトレン状況です。



器は品薄です。たくさんのご購入ありがとうございました。

シュトレンの26日店頭販売数はホール8、ハーフ6です。
少量になりますことを先にお知らせいたします。

なるべく多くの方に食べて頂きたくスタンド販売は70カットご用意いたします。


よろしくお願いいたします。







31coffee麻理子さんはつい最近ニューヨークに遊びに行ってたんですって。
遊びにといってもどうしてもコーヒー関連の見聞に終始するような日々になってしまうようです。




pibico
岡山市北区野田屋町2-7-18 1F
086-227-0122
営業時間 11:00~17:00




Sunday, November 20, 2016

果ての月の器とシュトレン 初日を終えて


大変な混雑の中、お待たせしてばかりでしたがトラブル一つなく初日を終える事ができまして
お越しいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。





初日開店20分前にして、突然火花を散らす先生方。
あわや大惨事でした。







シュトレンは本日分として少量ご用意しておりますが、次回納品日は23日になります。






pibico
岡山市北区野田屋町2-7-18 1F
086-227-0122
営業時間 11:00~17:00



Thursday, November 17, 2016

果ての月の器とシュトレン 間近


明日はいよいよ千田先生の搬入の日、楽しみであると同時に
少しでもいい展示ができればと緊張もしています。

正十角皿、長十角皿、長十角皿大、コーヒーカップ、ソーサー、マグカップ、タンブラー、ドルチェスタンド、花器、スープカップ、ボウル、楕円プレート、
水差し、ピッチャー
といったラインナップです。



シュトレンにつきましては大変たくさんのお問い合わせありがとうございました。(デンワガナリヤマナイ)
出し惜しみなし、そんなに要る?というような余裕のあるつもりの数量予定でしたが、
ちょっといや全然足りないかもという状況です。

佳奈子先生お一人で夜な夜な焼き上げる数には限りがありますので
売り切れの際はご容赦くださいますようお願いいたします。

たぶんお一人さま一つまでの販売になると思います。

シュトレン入荷日 11/19(土) 23(水) 26(土)



26(土)の31coffeeとカットシュトレンはスタンド(売店)形式での販売となります。
大変申し訳ないのですがくつろげる席などのご用意はしておりません。
またシュトレンとコーヒーのお支払いは現金でお願いいたします。
こちらも売り切れの際はご容赦くださいますようお願いいたします。


お車はコインパーキングのご利用をお願いいたします。
野田屋町にはたくさんのコインパーキングがあるのですがなぜか大変人気で満車になっている所が多く
大変心苦しいお願いになってしまいます。



現在怒濤の器焼きでボロボロになっている千田さんプロデュースによる今回の
「果ての月の器とシュトレン」はありがたいことに大変多くの反響をいただいておりまして、
お願いごとも多くなってしまいましたが、何卒よろしくお願いいたします。



pibico
岡山市北区野田屋町2-7-18 1F
086-227-0122
営業時間 11:00~17:00




Saturday, November 5, 2016

11/6(日) お休みします。


明日、11/6(日) お休みします。
よろしくお願いいたします。


果ての月の器とシュトレン 2016.11.19(土)〜11.27(日)

11/26 (土) に、コーヒーロースター麻理子さんによる31coffeeサイコーヒーに来て頂きます。

11/26 (土) コーヒー300円、シュトレン1cut200円
また期間中コーヒー豆の販売も予定しております。













周りを見渡すとコーヒーはブラックで飲む方が圧倒的に多いです。
麻理子さんの前ではさすがにブラックでいただきましたが、
自分はというと家では砂糖クリームをそれなりに入れてチョコレートなんかをお供にくつろいでいます。

I like my sugar with coffee and cream
という歌詞がビースティ ボーイズのIntergalacticという曲であります。

コーヒーに砂糖をたっぷり入れる人を揶揄するようなフレーズでしょうか、
よくマグなんかにプリントされてるのを見かけます。



で曲は違うのですがなんかcoffee、coffee言ってるのが印象的な、